ビットクラブ収支レポート3〜マイニング報酬が減っている〜

2017年9月23日から配布が始まったマイニング報酬ですが、減り続けています。
9/23〜10/14までのマイニング報酬を載せました。

また、こちらにマイニング報酬の推移をグラフにして掲載していますので合わせてご覧ください。
グラフで一目瞭然!!【最新版】マイニング量推移

再購入率は90%に設定しているため、マイニング報酬のうち10%が自分のBitCoinウォレットに入ってくる状態です。
以下の画像の「Bitcoin(BTC)」はBitCoinウォレットに入った分が表示されています。

※09-27-2017〜09-29-2017は再購入率を0%にしています。

支給されるBitCoinが確実に減っています。

 

マイニング報酬の減少理由は?


これには2つの要因が考えられます。

  • ビットクラブの参加者が増えていて、1シェアあたりの分配が減っているから
  • BitCoinのマイナーが増えておりビットクラブ全体のマイニング量が減っているから

どういうことか詳しく見てみましょう。

 

ビットクラブの参加者が増えていて、1シェアあたりの分配が減っているから


ビットクラブのマイニングマシーンへの投資は世界中で募集されており、日々参加者が増加していると思われます。

例えばビットクラブ全体でマイニングに成功して得られるBitCoinが1日あたり100BTCだとします。
それを1000人のビットクラブ参加者で分配したら、

100BTC ÷ 1000人 = 0.1BTC

で1人0.1BTCが毎日もらえたわけですが、今日新たに10人ビットクラブ参加者が増えました、となった場合、

100BTC ÷ 1010人 = 0.099BTC

となり、ひとりあたりの分配量が減ります。
これがビットクラブ参加者増加による分配量の減少となります。

しかし分配する総量100BTCが増えればひとりあたりに分配されるマイニング報酬も減らないと考えることができます。

これは2つ目の理由にも関係していきます。

2018/1追記:現在の会員数はなんと35万人と。1年前は20万人だったようなので順調に増えています。

BitCoinのマイナーが増えておりビットクラブ全体のマイニング量が減っているから


まず、Bitcoinのマイナーは世界中にいます。

すでに個人で所有するPCでマイニングを成功させるには難しく、大抵は組織として大量のマイニングマシンを所有・管理してマイニングにあたっていると思います。

以下、は2017/10/15時点でのシェアです。

ソース:https://blockchain.info/ja/pools

本日の時点でBitClub Networkのシェアは4.3%です。

つまり、4日間でマイニングされた総回数の4.3%はビットクラブがマイニングしたことになり、その分マイニング報酬をもらっているということです。

つまり、何回マイニングに成功してどれだけマイニング報酬を得たかによって、ビットクラブ参加者に分配されるひとりあたりのマイニング報酬も変わってくるということです。

マイニングの成功にはマシーン所有の規模、マシーンの性能(CPU)などが関係してきます。

単純にマイニングしている人の数というわけではありません。

 

悪いことだけではない


しかし、ビットクラブで受け取るマイニング報酬が減ることは悪いとは一概には言えません。
なぜならBitcoinのマイニング参加者が多い=Bitcoinの価値が向上していると言えるからです。

実際にビットクラブのマイニング報酬を初めて受け取った9/23のBitcoin価格(終値)は422,629円でした。
それが10/14のBitcoin価格(終値)は641,111円です。

つまり、9/23に受け取ったマイニング報酬の0.00002900BTCはその日の日本円レートで考えれば12.256円。それは10/14に受け取った0.00001948BTCを10/14のレートで直した12.488円と変わりないのです。

つまり毎日12円づつもらっている(再購入率90%の場合)と考えれば確かに毎日一定のマイニング報酬を得ていると考えることができます。

10月〜12月の3ヶ月分のデータを見ても、マイニング報酬は減っています。
しかし、日本円にすると1日あたりに受け取る報酬はむしろ増えていることがわかりました。

どういうことかというと、マイニング報酬の減少率よりも、ビットコインの価格上昇率の方が上回っているため、日本円換算では全く損になっていないということです。

近々3ヶ月分のデータ分析と、BTC量で考えた場合に減っているマイニング報酬の減少率も加味して、今後の収益を予測してみたいと思います。

 

 

ビットクラブとは→