ロバート・キヨサキ来日記念講演会

2017年10月18・19日でロバート・キヨサキ来日記念講演会がありました。

Wealth Master Congress Japan 2017が正式名称?の講演で、ライブクリエイトという会社が開催し、SUCCESS RESOUCESというシンガポール発の世界展開している企業がバックアップしているようでした。
2日間通して登壇したのは、メインスピーカーは以下面々。

  • ロバート・キヨサキ
    ご存知の通り、「金持ち父さん貧乏父さん」の著者。
    この本に出会って不動産投資を始めた人も多いのでは?
  • メアリー・バフェット
    かの有名なウォーレン・バフェットの義理の娘。
    ウォーレン・バフェットの投資方法を引き継ぐ。
  • ショーン・シア
    メアリー・バフェットの弟子。
    ウォーレン・バフェットの投資方法をロジカルに捉え、人々に伝授している。
  • ペン・ジュン
    世界No.1オンラインマーケター。
    7年間、10億円以上の利益をひとりで出し続けている。
  • リチャード・タン
    アジア最大のセミナープロデュースを行う企業、SUCCESS RESOUCESのCEO。
    ロバートキヨサキ氏をはじめ、数々の成功者とパイプを持つ。
  • サンディ・ジャデジャ
    経済を読み解くアナリスト兼トレーナー。
    今まで7度も暴落を的中させているその分析力は多くの報道機関や大学でも注目されている。
  • 小山竜央
    本講演を主催したライブクリエイトの代表。
    セミナープロデューサーである一方、後進の育成にも力を入れ絶大な支持を得ている。

ロバートキヨサキ氏以外の各スピーカーは2時間程度話していたように思います。
ロバートキヨサキ氏は何回か登壇していました。
その他にゲストスピーカーも何名か。
その中には「嫌われる勇気」の著者、岸見一郎さんもいらっしゃいました。

さて、今回の講演の内容ですが、
ロバートキヨサキとメアリーバフェット以外のスピーカーはそれぞれ商材を持っており、その商材販売の話ももちろんありましたが、中にはICO案件や、個別のフォローアップ等、大変興味深いものもありました。

記憶に残るトピックを上げます。

小山竜央氏
  • 何を始めるにもマーケティングが大事。
  • ではどうやって人を集めるか。セミナーを開催するのがおすすめ。
  • ただし、何十人も集めるのは大変だから、お茶会など2人でもOK。
  • コツコツ人と繋がりを増やし、そこから自分のビジネスをさらに展開していくことが大事。
ロバートキヨサキ氏
  • 株や債権などの紙の資産はおすすめしない。
  • 自分が持っているのは不動産・鉱山・油田・金などの資産。
  • 税金と借金をいかにうまく利用することができるかが大事。
  • 1973年の金本位制の崩壊から、紙幣の増刷が繰り返され、ドルや円などの通貨の価値が下
  • がり続けている。
  • 貯金していたらただただインフレに巻き込まれて価値が減っていくだけだ。金(GOLD)を買え。
  • 紙幣の増刷が続いても、止まってもどちらにしろ経済は崩壊する。
  • USDは20年後にはなくなっているかもしれない(USDの崩壊が起こるかも)
  • Bitcoinは10年くらいだろう。
メアリーバフェット氏
  • 「投資」という気持ちではなく、「この企業を買収する」つもりで株を選び、購入すること。
  • 利益の5倍もの負債がある企業はおすすめしない。
  • 10年間継続的に業績が上昇している会社を選ぶ。
  • その株が大幅に下落したときに買う。
  • 近々crashするだろう。それも日本から始まる可能性がある。
サンディ・ジャデジャ氏
  • すでにインフレ状態。あなたの給料は34%割り引かれた金額しか支給されていない。(いつ比かは聞き逃した)
  • 次の25年で大きなcrisisが発生するかも。
岸見一郎氏
  • ほめるのではなく「ありがとう」という。
    例)病院でのこどもの採血
    ✕看護師「えらいね。我慢できたね」→ 上下関係が発生
    ◯看護師「スムーズに採血できました。ありがとう。」→対等な立場

 

何に役立つかはわかりませんがしっかり2日間の講演を聞いてCertificateもらいました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です