ETFは簡単にできる分散投資?

「資産形成はじめて講座」首都大学東京オープンユニバーシティ特別講座に参加しました。

みずほ証券とJPXの豪華な共演でした。
10:00〜17:00の長丁場でしたが充実の資料、洗練された構成で大変満足いたしました。
これで参加費1000円はお得です。

さて、本題。

本日の講座の中でETFというものを知りました。
これも投資の選択肢のひとつになると思ったのでちょっとまとめます。

 

ETFとは

株取引のように扱える投資信託。

SBIのアプリで証券コード「1326」を検索。
(Yahooファイナンスの場合:https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=1326.T

金(Gold)を扱う投資信託商品が株の取引所に上場している。
金の投資信託が銘柄となって、株と同じように取引できるということか。
1326の売買単位は1株。確かに他の銘柄とは事情が違うような。

2016年10月時点で、国内株式市場に上場して取引できるETFは200種類くらいらしい。

  1. 株の取引のように買える・売れる
    • 取引時間は9:00〜15:00
    • 指値・成行注文可能
    • リアルタイムで価格がわかる
  2. 手軽
    • 国内株式の取引口座があれば売買可能
    • 最低購入金額が1万円〜数万円の銘柄が一般的
    • 先物やコモディティ系の投資信託もある
  3. 運用費が投資信託より安い
    • 投資信託は、証券会社が顧客に投資信託を購入してもらうために営業をかける分、販売手数料がのってくる。それがない分安くなるということだが、売買コスト(株と同じ)があるので注意。

SBI証券ETF一覧
https://site0.sbisec.co.jp/marble/domestic/etfetn/etfetnsearch.do?

SBI証券ETFとは
https://site0.sbisec.co.jp/marble/domestic/etfetn/about.do?

東証マネ部(JPX)
https://money-bu-jpx.com/news/infographic/article000363/

投資信託は、申し込み→価格が決定&購入、となるのでリアルタイムでの売買はもちろんできない。1日に1度決められる基準価格で購入することになる。

その点、ETFはリアルタイムで価格がわかり、指値で取引もできるので思いもしなかった金額で買うということはない。

また日経225などの指数を銘柄として取引できるのも大きい。
実際のところは日経225の指数という銘柄はない。指数と全く同じような動きになるように幾つかの企業の銘柄をファンドマネージャ(運用会社)が選んで集めたパッケージだ。

それを投資信託として商品化し、さらにETFとして上場させて株式市場で取引できるようにしている。

日経225のETF

 

分散投資に成り得る?

先物の口座、金の口座、債権の口座。。。といろいろ取引しようとするとちょっと大変な気がしていたので、これは便利!

日経225先物を普通に取引しようとするとレバレッジ大きいし、損したらどうしよう、みたいな漠然とした不安があるけれど、ETFならレバレッジが効くような短期向けのもの(レバレッジ・インバース型)を選ばなければ大丈夫。

分散投資のために、金・プラチナ持ちたい。外国株式持ちたい。債権持ちたい。不動産持ちたい。原油持ちたい。なんていう贅沢な自分にとって手軽にはじめられる様子。

資金が少ないうちは、ポートフォリオを理想の割合にするためにETFという選択肢はありな気がします。

自分の意志でリアルタイムに調整できるのも、いろいろ試したい盛りの自分に合っている模様。

実際に株以外の取引口座を開いてレバレッジ効かせて取引していないし、投資信託もやっていないので何とも言えないけど、株やっているのであれば手軽に外国株・債権、各種指数やコモディティに投資して、自分の手で運用できるのは大きなメリットじゃないでしょうか。

おすすめされて投資信託持ってたけど、どうなってるのか知らないや。。。という他人任せになりがちな運用ではなく、自分の手でコントロールできるのは大きいです。

さて、実際に資金投入してみますので、またリポートします。

 

 

コメントを残す